基礎構築

マイスピー最高峰の特典The Excellent Answers

myasp_button
※この特典からの参加で初月使用料無料

独自ドメイン取得方法

独自ドメイン取得方法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日、私がお話させて頂く内容はさくらサーバーを使ったドメインの取得方法です。

これはさくらサーバーを使ったドメイン取得というのはどういうメリットがあるかっていうとさくらサーバーでのドメインの管理っていうのが非常に容易になるんですね。

このさくらサーバーでドメインを取得する場合、料金っていうのが1年間で1800円掛かります。この1800円というのはちょっと高いように感じる方もいらっしゃると思うんですけど例えば業界で1番安いと言われているお名前.comありますよね。

あれっていうのは1年目は1番安いんですけど2年目以降に料金が跳ね上がってあまりさくらサーバーで取るのと変わらなくなります。なのでもし皆さんがさくらサーバーでサーバーを管理したいのであればさくらインターネットからのドメイン取得というのをお勧めします。

もし皆さんがロリポップを使っている場合であればムームードメインといった形でドメインを取得する会社とサーバーを管理する会社っていうのを一致させるというのが重要になって来ます。では今回、私はさくらサーバーを使っていますのでさくらサーバーでのドメイン取得方法について解説していきます。

ではまず、最初にさくらサーバーのコントロールパネルに入って頂いてこの下の部分ですね、この下の部分の新規ドメイン取得というのをクリックして下さい。

そうしたらこのドメイン名っていうのが出てきますのでこれを適当に入力していきます。こんな感じで検索するとしたら取得できますってなるんですね。

これは.comでも取得出来ますし.netでも取得出来ますでorgでも取得出来ますしjpでも取得出来ます。ここで注意して欲しいのがこのjpの場合ですね、汎用ドメインと言われていて値段が高くなるんですね。

なので極力、安く抑えたいと思うんだったらこのjpっていうのからは取得しないといったような形であります。

他のこの.comとか.netとかだったら1800円で済むので是非、安く済ませたいと思うのであればこの汎用ドメインじゃなくて普通の.comとかのドメインを取得する事をお勧めします。取得出来ますってなっていますのでどれか1つお好きな物を選んで取得するをクリックして下さい。

そしたらこの会員IDっていうのを入力しないといけません。もし皆さんがさくらサーバーでサーバーを取得しているのであれば、サーバーを利用しているのであればこの会員IDというのを持っているはずなので会員IDっていうのを入力していきます

入力が終わりましたらこの会員IDがあるっていうのにチェックを入れて下さい。そして「次へ」をクリックして下さい。

ここまで来ましたら次に同意するを入力して「次へ」ですね。そしたらこの登録者の名前を入力していきます。

これは半角英数で入力して下さいってなっていますので半角英数で入力して下さい。次にこのお支払いですね、このお支払いっていうのをどれか皆さんのお好みの物にやっていって「次へ」をクリックして下さい。

お支払いの画面が出ますので次にこの「次へ」を押したら決済画面が出ますのでその決済画面の指示に従って決済を行ってください。

振込みとかお支払いが完了したら会員トップページに飛びます。クレジットの場合だとこの会員トップページに飛びますのでそこからまた個人向けサービス、コントロールパネル、ログインといった形でそうししたらこのドメインの設定の所で新しくドメインを取得することが出来ます。

新しく取得し終わったらメールアドレスだったりを作ったり出来ますので是非やってみて下さい。

ちなみに言っておくとさくらサーバーの初期状態からサブドメインというのを作ることが出来ます。

これっていうのは新しいドメインの追加からこの3番目ですね、これです。これで好きなのを選んで頂いてそれでこんな形で送信すれば設置が完了しましたとなるのでこんな形でここですね、一応サブドメインというのが取得出来ます。

ちなみに言っておくと自分のメインのブログっていうのはしっかりとお金を払ってドメインを取得するっていうのを私はお勧めします。

将来的におそらくこういった形で無料でドメインを取得することが出来るんですけどそれだと将来的に変えていっちゃうことになるのでそれで変えていった時に設定とかでしくじったら作り直しが非常に大変なんですね。

だから早い段階で独自ドメインというのは1個取得しておいて自分のメインブログというのを作って欲しいなという風に思います。

URL
TBURL

コメントを残す

*

Facebookでコメントする

Return Top