インターネットネットビジネス

マイスピー最高峰の特典The Excellent Answers

myasp_button
※この特典からの参加で初月使用料無料

インターネットビジネスで結果がでないときに改善すべき3つのポイント

インターネットビジネスで結果がでないときに改善すべき3つのポイント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ多くの人はインターネットビジネスをはじめてもなかなか成果が出ないのでしょうか?

いわれた通りにノウハウを実践してみてもなかなか最初に思っていたように成果を出すことができないのでしょうか?

もしあなたがこのような状況ならばこれからお話するたった3つのポイントを抑えるだけでこの状況を打開することができます。

今回は

「インターネットビジネスをはじめたけれどなかなか成果がでない」

「頑張っているのだけれどなかなか成果がでなくて苦しんでいる」

そのような悩みを解決する3つのポイントについてお話します。

 

まず一つ目のポイントは、

「無料」の時点でしっかりと価値のあるものを提供する

ということです。

 

多くの人は、インターネットビジネスをはじめ、ワードプレスブログ、メルマガ、facebookなどで記事を書いていくのですが、

 

それがまるで日記になってしまっているという問題があります。日記というものは女性アイドルやジャニーズのように感情的に好きになっている人が多く存在している場合は生活の一部が価値をもつわけですが、

 

無名な人が日常を投稿したりも誰もその情報をほしいと思いませんよね。

ですから、特に情報販売、あるいは、アフィリエイトの分野に限らず、情報発信を中心とした集客コンテンツを作成する場合には、あなたの読者が役に立つ情報を提供していくようにしてください。

 

そしてできれば、他の人が有料で販売しているレベルのものを無料で提供できるくらいのものを作るようにするとなおよいと思います。

 

この話をすると、「自分にはできないかも」と思ってしまうかもしれませんが、日々学習して、日々学んでいけば、誰でもできるようになるので、日々の学習を怠らず頑張っていきましょう。:

 

2つ目のポイントは、「結局は他人が財布からお金を出している」

ということを意識するということです。

 

どんなビジネスでもそうですが、たとえば新聞営業であれば、新聞を毎日購読している読者からお金を頂いて成果報酬でボーナスがつきます。

 

これがアフィリエイトであったとしても、見た目上は販売者からお金をもらっているわけですが、実質的には自分が紹介した人がお金をはらって、そのお金を販売者とアフィリエイターとで分配しているということもできますよね。

インターネットビジネスをやっている人のなかには自分が稼ぎたいと思ってやっている人が大半なわけですが、果たしてそのようなマインドの人の販売している商品に果たしてお金を払いたいと思うでしょうか?

 

もし、あなたが顧客側であればそのような自分だけが稼げればいい、相手のことを一切考えず、手当たりしだい営業をかければいい、

 

そのような考えをもった人に対して果たして、他人が快く財布からお金を出して払いたいと思うでしょうか?

 

決してお金を払いたいとは思わないですよね。

 

ですから、あなたがもしインターネットビジネスで「稼ぎたい」と思っているのであれば、値段に見合った価値のある商品やサービスをきちんと提供するということを意識してインターネットビジネスに取り組んでください。

そうすることで、あなたはあなたのクライアントから感謝されながら、ビジネスを進めることができ、本当に人の役に立ってビジネスを進めていくことができるようになります。

 

3つめのポイントは、「自分の頭でしっかりと考えながら戦略を立てて作業をする」

ということです。

 

たしかに、現在はマニュアルなどがあり、その通りに作業をきちんと行えば、多少成果を出すことができるのですが、

 

やはり、自分の頭で考えて戦略をたてたり、ライバルのリサーチなどを行ったりしながら、作業を進めていくのでは結果が全くちがいます。

 

個人営業などの経験がある方はわかるかと思いますが、研修で教えられた通りにしかセールス活動をしない人と自分で工夫しながらセールス活動をする人では全く成果のでかたがちがいますよね。

 

これは、インターネットビジネス、情報販売やアフィリエイトの分野でも同じことですので、この動画をみているあなたは紙とペン、あるいはマインドマップなどを用意してしっかりと頭で考えながら戦略をたてたうえで、作業をすすめていってください。

 

URL
TBURL

コメントを残す

*

Facebookでコメントする

Return Top