インターネットネットビジネス

マイスピー最高峰の特典The Excellent Answers

myasp_button
※この特典からの参加で初月使用料無料

インターネットビジネスで成功するための3つの鍵

インターネットビジネスで成功するための3つの鍵
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容

インターネットマーケティングがうまくいかない。オンラインでのセールスがうまくいかない。インターネットマーケティングは効率的なはずなのに、全く結果がでない。

あなたがもしこのような悩みを抱えているのであれば、これから私がお話しする○○つの方法を実践するだけで現在の状況を劇的に変えることができます。

こんにちは、DAIです。今回は、インターネットマーケティングに取り組もうとしたけれど、なかなかうまくいかない。そのような悩みを解決する○○つの解決策についてお話します。

今回のこの動画をみることであなたのなかでどこか1つ自分のビジネスに変化をもたらす気づきがある思いますので、その気づきを明日から自分のインターネットビジネスに活かしてください。

まず1つ目のポイントは、「適切な見込み客を集める手段で集客する」ということです。

 

たとえば、FXや株式投資などのオンラインプログラムを販売したいのであれば、そのような属性を集めるに相応しい集客手段を取らなければなりません。

ただし、FXや株式投資などの投資系に興味がある見込み客を集めようとしてもこのときの集客手段としてfacebookの個人ページを使ったり、Twitterから投資に興味のある属性を集めてきてFXや株式投資の商材をアフィリエイトしたり、販売してもなかなか売ることができないんですね。

 

その理由は明確で、Twitterは若者がインスタントなコミュニケーションツールとして使っていますし、facebookにはSNSでのコミュニケーションを楽しみたいという属性が集まっています。

 

ですから、そのような人たちにFXや株式投資の情報発信をして、リストを集め、投資系のアフィリエイトや情報販売をしようとしてもそもそも興味がない属性の人が多いのでなかなか購入にたどり着きません。

 

したがって、このような投資系の属性をあつめるには、まずSEOを攻略するためにコンテンツサイトを作成し、YouTubeでレーダーチャートの解説動画などを使って集客をしていくことで、投資に興味があり、かつ、投資がなかなかうまくいかなくて悩んでいる人が多いので、購買意欲の高い見込み客を集めることができ、あなたの販売したプログラムやアフィリエイト商品が売ることができるようになります。

 

2つ目に「見込み客がそのサイトから何かを買いたいと思うサイト、あるいはランディングページをきちんと作成する」ということです。

 

例えば、「アフィリエイト・転売ビジネス」系のいわゆる稼ぐ系と言われるジャンルのサイトはたくさん存在しています。

 

しかし、そのようなサイトがたくさんあるなかで、メインサイトをFC2ブログだったり、シーサーブログだったり、ワードプレスブログでも初期設定のテンプレートそのままだったり、そのようなサイトで稼ぐ系のアフィリエイトをしようとしている人がいます。

 

もしあなたが買う立場、あるいは教えてもらう立場だったときにそのようなサイトしか作れない人、まともにランディングページも作れない人からはたして商品やサービスを買いたいと思うでしょうか。

 

おそらく、そのような人から買いたい、あるいは教えてもらいたいと思わないと思います。

 

ですから、あなたがもし、アフィリエイトなどの稼ぐ系のジャンル、あるいは、コンサルティングサービスなどの何かしらの専門家という立場でサイトを作成する場合には、きちんと体裁を整えて、サイトの作成、あるいはランディングページの作成してください。

 

ただし、いきなり体裁を整えることが難しいと感じてしまう方は、日々の学習の中でスキルを身につけていく過程で、徐々にブラッシュアップしていけばOKですし、最悪の場合、外注のデザイナーに頼むという手もありますので、このような手段も検討してみてください。

3つ目のポイントは、「競合他者を圧倒できるストロングポイントを作る」ということです。

 

インターネットビジネスの世界では、たくさんの競合他者が存在しています。アフィリエイト分野のサイト、あるいはせどり分野の情報販売サイトこの2分野を取っただけでもたくさんの競合他者がいますよね。

 

ですから、自分以外にもたくさんのプレイヤーがいるわけですから、どのようにして他と差別かしていくかを考えながら戦略を立てていく必要があります。

 

この「差別化」という要素については、別に、

 

「海外の商材やASPをすべて把握していて、そこで得たノウハウを使い、マーケティングをすることにより、英語圏のオンラインプログラムの案件も成約を取ることができていますので、そのような情報をあなたにもお教えすることができます。」

 

などといった高度なものでなくても、全く問題はありません。

 

たとえば、「私は日本で一番丁寧にサポートしています。」であったり、カウンセリングやコーチングの分野であれば、「私はだれよりもあなたの不安や恐怖を取り除くことができます。」などといったように、誰でもできるところからで構いませんし、

 

ストロングポイントは自分が技術を習得していく過程で身につくものも多いですので、まずはできるところから差別化をはかることをはじめるようにしてください。

URL
TBURL

コメントを残す

*

Facebookでコメントする

Return Top