インターネットネットビジネス

マイスピー最高峰の特典The Excellent Answers

myasp_button
※この特典からの参加で初月使用料無料

コピーライティングを妄信する愚か者たち

コピーライティングを妄信する愚か者たち
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日の動画・音声では
「ランディングページの必要性」
についてお話しました。

まだ見ていない場合はこちら
動画:http://youtu.be/1s8zACKszXY 
音声:http://gksnr175.com/landingpage235331

簡単に内容をまとめると、
しっかりとしたランディングページがあれば、

1:アフィリエイト・情報販売で稼げる
2:メルマガの読者が集まる
3:サイトアフィリエイトでコンバージョンが取れる

などインターネットビジネスで稼ぐために
必要不可欠な部分であり、

そのランディングページを作るために
必要なスキルとして、

1:コピーライティングスキル
2:デザインスキル

が必要であるということを説明しました。

ランディングページは、
そのページを1枚作っておけば、
後はそこにメルマガの読者さんや、

サイトを閲覧している人を流し込むだけで、
一定数の割合で売れていくという
自動販売機みたいなものです。

当然、デザインが汚くて、
何を書いているかもわからない
ランディングページであれば話は別ですが、

あなたがきちんとしたランディングページを
持つことができれば、

そこを通りがかった人が一定数の割合で買っていく
「ネット上の自動販売機」になるわけです。

これが欲しくない人はいないでしょうから、

「1:コピーライティングスキル」
「2:デザインスキル」

を磨く必要があります。

では、早速本題へ。

ーー■ テーマ ■ーーーーーーーー

コピーライティングを妄信する愚か者たち

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
先ほどお話したことと一見反するように
思うかもしれませんので、
今回のお話は注意してお聞きください。

ネットビジネスの世界では、

コピーライティングを盲信し、

 

「売れる文章さえかければ儲かる。」

 

と主張しているひとがいます。

確かに、コピーライティングはアフィリエイトや情報販売で
稼いでいくためには必要な力かもしれません。

 

しかしながら、今どき、
真っ白な文書ソフトに文字だけを羅列した
セールスレターやランディングページを見て、

 

あなたのお客さんはあなたから

商品・サービスを買いたいと思うようになる!

と思いますか?

 

まだサイトのデザインも汚かった

2000年代ならいいかもしれませんが、
それはもう5年以上前の話。

今は、コピーライティングの基礎くらいは

勉強しているのは当たり前で、

その上できれいなデザインのサイトであることが

業界の言わばスタンダードです。

 

というか、コピーライティングはぶっちゃけていえば、

インフォトップに登録されているセールスレターを

3つくらい選んで印刷して、

それを3回〜5回程度何度も読み返せば、

自然と売れる文章の型は身に付きます。

ですから、「売れるランディングページ」を

作るためには、文章がかけさえすれば、

コピーライティングの基礎くらいは誰でも

すぐに身につけることができるわけです。

逆に、

デザインの方は、

しっかりした数十万くらいのプログラムに

参加するなどして身につけるか、

同じく数十万円支払ってデザイナーに頼るか、

の2つの選択肢に迫られます。

それで、ほとんどの人はどうしているかというと、

数百万円〜数千万円稼ぐ人は、

お金がありますので、デザイナーに外注していますが、

個人でビジネスをしていたり、

少数でビジネスを行っている場合は、

自分で作ることが一般的で、

率直に言えば「汚いサイト」を

そのまま公開しているというのが現状です。

ただ、このデザインのために

数十万円を投資して、半年くらいかけてデザインを学び、

ようやく一人できちんとしたものを作り直すのも

常識で考えれば効率が悪すぎるわけですよね。

ですから、私は私が今持っている力を使って、

このジレンマを解決するためのある企画を

完成させました。

その一部を覗き込む:

これは、美しいランディングページを

最短最速で作れるようになることに特化したプログラムです。

「別に興味がないよ。」

という場合はスルーしても構いませんが、

もしあなたが新品のきれいな

「ネット上の自動販売機」

を作れるようになり、

設置しておくことでお金が発生する

ホットスポットを手に入れたいとおもっているのであれば、

明日のメールにて具体的な内容を公開していくので

楽しみにまっていてください。

URL
TBURL

コメントを残す

*

Facebookでコメントする

Return Top