インターネットネットビジネス

マイスピー最高峰の特典The Excellent Answers

myasp_button
※この特典からの参加で初月使用料無料

インターネットビジネスをはじめるときに取るべき戦略と増益への道

インターネットビジネスをはじめるときに取るべき戦略と増益への道
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在はアフィリエイトをはじめとしたインターネットビジネスが普及しており、個人だけでなく、大企業に至まで、様々な分野の業種のビジネスにおいてアフィリエイトが活用されるようになってきた。

ただし、大企業がこのアフィリエイトというマーケティング手法を扱うようになってきたとはいえ、これからはじめようと思っている方は、どうすれば自分はこのビジネスで駆け上がっていくことができるのか、

あるいは、勉強をはじめたばかりの収益が0から1万円、あるいはその先の10万円という目標を目指すにはどうすれば良いのかについてお伝えし、その後どのようにビジネスを進めていけば良いかについてシェアしていきたいと思う。

目次

インターネットビジネスで稼ぐ前提

インターネットビジネスはある程度稼ぎ方が決まっているものの、基本的に人の悩みやニーズを解決するもので、かつ人がお金を払ってもそのサービスや商品がほしいというものであれば、法律に触れていなければ、なんでも良い。

ただし、何でもよいとは言っても稼ぎ方はある程度ノウハウ化されているので、まずはある程度ノウハウが体系化された物を実践していくのが良いだろう。

まずはじめにやるべきことは資金作り

ヤフオクAmazon

まず、はじめにやるべきことはインターネットビジネスを本格的にはじめるための資金作りだ。いくら低資金でビジネスが進めることができたとしても、まずはじめにこの方法で資金作りをすることで、

実際にインターネットでお金を稼ぐことが出来るということを実感するし、何よりビジネスとして最も理想的なかたちである「無借金モデル」が実現できるからだ。

そして、ほとんどの場合まずはじめにやるべきことはヤフオクあるいはAmazonで家にいらなくなったものを売り払うことだ。

資金作り1:ヤフオクやAmazonでの不用品処分

インターネットビジネスで最も簡単にお金を手に入れやすい方法はこのヤフオクやAmazonで不要品を処分することだ。例えば、それまで集めていたゲームや家電をこれらのマーケットプレイスで出品すると簡単に誰かが買ってくれる。

確かに、コンビニや郵便局に発送にいかなければならないので、少々面倒に感じるかもしれないが、簡単にお金を手に入れることができる方法なので、まずはこのヤフオクやAmazonで不要品を処分していくことからはじめよう。

これで資金作りをしておくことによって、次のビジネスに進むことができる。

資金作り2:自己アフィリエイト

自己アフィリエイト

自己アフィリエイトとは、FXのための口座開設やクレジットカードの契約などを行うことにより、1万円から5万円くらいまで稼ぐことができる方法だ。

ただし、自己アフィリエイトもそれだけでは稼ぎ続けることができないし、ヤフオクよりも少しだけリスクが存在するので(例えばクレジットカードであれば年会費の問題)やり過ぎはお勧めできない。

したがって、ヤフオクと自己アフィリエイトで10万円から20万円程度を資金作りとして稼ぐというスタンスでまずはじめに取り組んで欲しい。

まずはじめに取り組むべきビジネスの種類

まずはじめに取り組むべきビジネスの種類をこれから列挙する。最初にお話したとおり、インターネットビジネスはある程度稼ぎ方が決まっているため、その稼ぎ方に従って実践すれば、きちんと成果が出るようになっている。

ただし、メルマガアフィリエイトやメルマガを使った情報販売はある程度の実績がなければ、稼ぐことはできないノウハウであるため、まずはじめに取り組むべきことはいわゆるお金稼ぎ系(アフィリエイトや情報販売系)の情報発信ではなく、

実績がなくとも手堅くお金になる方法を実践していくことが重要である。情報発信で稼ぐ場合は、実績がなければ、その人からだれも物を買おうとか、教えてもらおうとは思わないため、その情報には価値がない。

したがって、まずは実績がなくても一定のスキルを習得すれば稼ぐことができるジャンルに参入し、手堅くお金を稼ぐことができるようになる、あるいは実績作りのために稼ぎやすいノウハウを実践し、それで実績を作るということをやってほしい。

まずはじめに取り組むべきビジネスの種類やジャンルによっては稼ぐスピードや安定性、あるいは、その後の情報発信型への移行のしやすさ、あるいは外注化、組織化に進むかが変わってくるので、そのあたりも意識して取り組んでみるとよいだろう。

ではこれから、実績がなくても手堅く稼ぐことができるビジネスモデルについて列挙していく

1:サイトアフィリエイト

サイトアフィリエイト

サイトアフィリエイトは様々な種類があるため、サイトアフィリエイトとひとことでいっても、A8ネットやハピタスなどを使った物販アフィリエイトからGoogleアドセンスを使ったトレンドアフィリエイト、あるいは、特化型サイトアフィリエイトまで様々である。

現在はGoogleの動向上、トレンドアフィリエイトで稼ぐよりも、特化型のサイトアフィリエイトの方が安定して稼ぐことが出来るため、この特化型のサイトアフィリエイトはおすすめできるジャンルだ。

従来型のトレンドアフィリエイトのやり方は?

従来型のトレンドアフィリエイトは芸能系やスポーツの話題など最新のトピックを取り上げ、それについての記事をひたすら書きまくり、キーワードずらしなどのテクニックを使えば稼ぐことができる手法であった。

これは、キーワード選定と気合い、根性で稼ぐことができる手法であったが、Googleのハミングバードアップロード、パンダアップデートにより、2013年下半期から衰退していきている。

特化型のサイトアフィリエイトのメリットデメリット

特化型のサイトアフィリエイトは一度アクセスが安定しはじめれば、稼ぎ続けることが可能であるため、サイトアフィリエイトとして、理想的なノウハウであることは間違いない。しかし、従来型の特化型サイトアフィリエイトよりも、稼げるようになるまでに時間がかかるのが難点であり、半年から1年という長いスパンをかけてそのサイトを育てるという感覚だ。

そのため、稼げるようになるまでに時間がかかるので、そのことは意識してサイトアフィリエイトに取り組む必要がある。

このような特化サイトは例えば、

  • ゲームの攻略サイト
  • 誰もが使うようなものの解説サイト
  • Cookパッドのような料理に特化したサイト
  • 婚活相談などの恋愛系のサイト
  • 在宅介護のお悩み解決サイト
  • 資格・大学受験のハウツーサイト

などがこの特化型サイトアフィリエイトに分類される。

 

この特化サイトでのマネタイズに関してはお金を取りにくいジャンルはGoogleアドセンスを使った広告収入とAmazonアソシエイトと楽天アフィリエイトを組み合わせたアフィリエイト。そしてお金を取りやすいジャンルはメルマガアフィリエイトに近いマーケティング(ダイレクトレスポンスマーケティング)を実践するとよい。

また、YouTubeを使ったトレンドアフィリエイトやサイトアフィリエイトと組み合わせることで、さらに集客力がますので、この方法を取ることは非常におすすめである。

さらにYouTubeだけの広告収入でも十分に特化型サイトアフィリエイトと組み合わせて実践することも可能である。

特化型のサイトの例

PhotoshopVIP(http://photoshopvip.net/)

photoshopvip

Photoshopのチュートリアルや無料素材を扱ったデザイナー向けのサイトである。このようなジャンルに特化したサイトを構築することで、Googleアドセンス広告での広告収入を得るとができている。

成果報酬型の物販アフィリエイト

A8ネットやハピタス、バリューコマースなどでは、アフィリエイトサービスプロバイダ(ASP)を使った成果報酬型の案件で物販アフィリエイトをすることができる。

たとえば、化粧品や健康食品に関するキャンペーンに対して、その商品に関するサイトを立ち上げ、その商品のレビューサイトで上位表示を目指すことでアフィリエイト報酬を得ることができる。

これは情報商材においても同じであるが、情報商材は競争が激しいため、まずは、競争の低い、物販アフィリエイトから実践していくことをお勧めしている。

以上のいずれかが現在実績がなくとも稼ぐことができ、かつ、その後の情報発信型のアフィリエイトや情報販売につなげやすいしゅほうであるといえる。

当然今回紹介したやり方はあくまでスタンダードな方法であり、これらとYouTubeやFacebook、Twitterを連結させることによって、さらなるマーケティング機会が期待され、より稼ぎやすくなることは間違いない。

2:恋愛系や投資系のアフィリエイト系以外のメルマガアフィリエイト・情報販売

メルマガアフィリエイト

アフィリエイトや輸入ビジネスなどの実績でなくとも、もしあなたがFX、株式投資、不動産投資、あるいはナンパ、恋愛などで実績があるのであれば、そのジャンルのアフィリエイトや情報販売で稼ぐことができる。

FX,恋愛、株式投資、独立開業という分野はしっかりと情報販売やセミナービジネス、アフィリエイトに結びつけることができるジャンルであるので、このジャンルからせめて見るのも悪くない。

また、整体や飲食店の開業・学習塾の運営マニュアルなどもうることができたり、英語あるいはダイエットといったジャンルも存在しているので、もしそれらの分野に精通しているのであれば、これらの情報販売から実践しても良いだろう。

3:輸入転売・せどり

輸入転売やせどりといった物販はやり方をマスターし、商品選定の目利きがよくなれば確実に稼ぐことができるジャンルだ。一度コツをつかめば、月利10%から良くて20%が目指せるので作業を進めたり、商品選定をしたりすることが好きな人はこれから参入するのも悪くない。

ただし、初期費用としてそれなりに投資をしなければならないため、最初の初期段階でしっかりと資金作りをするか、貯金を使ってキャッシュをまわすようにしなければならない。

4:ランディングページのデザイン・サイト制作・動画制作

制作

現在では、インターネットビジネスのジャンルのなかで、デザインを武器に仕事を取っていくことをやっている方も多くいる。私自身もサイト制作や動画制作の受注は実際に受けているし、きちんと実力がつけば稼ぐことが出来るジャンルであるのでお勧めしている。

また、デザイナーとしてきちんとした実力があれば、転職などもできるので、今まで派遣社員であったり、フリーターである方のなかにはクリエイティブ職としての転職というのも可能であるし、

デザインは自宅でできるので、主婦の副業としても、このデザインができるということはかなり有利に働くといえるだろう。

また、情報商材としてもこのサイト制作や動画制作のスキルは活かすことが出来るし、マーケティングのスキルが加わればさらに、収入を伸ばすことも可能だ。

ただし、これらのスキルを習得するには、それなりの期間が必要であるし、技術を習得するまでにお金がかかるので、そのことを考慮したうえで、この分野から攻めるということも一つの手段であるといえるだろう。

また、SEO代行業、SNS代行業などの継続課金で稼いでいる業者もあるし、電話営業などのアナログな手法を使えば、ネットに疎い中小零細企業を相手にマーケティング出来るので、このようなSEO代行業、SNS代行業もビジネスチャンスはあるといえる。

5:マッチング業(仲介ビジネス)【難易度が高い】

マッチング

現在カンブリア宮殿などにも出演している村上太一社長のリブセンスはジョブセンスというアルバイトや転職のマッチングサイトを運営している。あるいは、食べログなどの広告サイトもこのジャンルに入る。

このようなマッチングサイトを運営することは、しっかりとしたビジネス計画が必要ではあり、初期投資がそれなりにかかってしまう物の、うまくいけば大きな広告収入あるいは仲介手数料を手に入れることができる。

ただし、法人向けサイト、特にマッチング系のサイトの場合は、セキュリティの問題や支払いなどの正確性が求められるし、このあたりを徹底しなければならないので、かなり敷居が高いジャンルであるといえる。

さらに、一度信頼が失墜したら取り返しが効かないので、このジャンルはビジネスとしては難しい。しかし、アイディア次第で、一発当てることができるので、挑戦する価値はある。

6:ツール・ワードプレステンプレート・アプリなどの開発【難易度が高い】

これは自分にまずプログラミング、あるいはワードプレステンプレートであればコーディングのスキルが必要になるので、かなり敷居が高いといえるジャンルだ。しかし、もしあなたが優れたプログラマーであるならば、このようなツールやアプリ・ワードプレスのテンプレートなどを開発することで、最初の実績を作ることも可能であるし、

購入者の獲得戦略としてこれらのツール・テンプレートを開発することもおすすめだ。もしあなたにスキルがあるのであれば、このようなツール・ワードプレステンプレート・あるいはアプリの開発に取り組んでみると良いかもしれない。

ただし、マーケットによって売れ方が変わったり、開発するものによって、期間が様々であるし、一人では出来ない場合、先行投資として外注を使わなければならないので、開発費用に莫大なお金が必要となる場合もあり、その辺りの見極めをきちんと前段階で調査しておく必要もある。

実績を作った後の戦略

ビジネス戦略

これらの1から6までのジャンルは難易度に差はあるものの稼ぐことが可能なジャンルであると言える。したがって、まずは上記のいづれかで実績をつくることを半年、長くて1年程度を目処に取り組むとよい。

一度実績を作ったり、あるいは半年〜1年程度取り組めば、ある程度その分野での稼ぎ方がわかるし、2年目からどれくらい伸びそうかがその分野であればある程度見えるようになるはずだ。

そして、この段階で大きくわけて3つの選択肢を取ることになるのが一般的だ。

1:そのビジネスに集中する

例えば、恋愛系や投資系であれば、集客するのにそれなりに時間を費やさなければならない。さらに、しっかりとした集客システムや、モニターなどのを使った再現性の確認も必要なので、1年程度は長く腰を据えてマーケティングに取り組む必要がある。

最初のうちはすぐに稼げないし、集客もできないので、しんどいかもしれないが、こうしたしっかりとしたマーケティング戦略を取る場合には自分の実力がしっかりつくまで少なく見積もっても半年程度かかると考えてよい。

そして、実力が突いてきた段階で情報販売を考えるとよいかもしれない。

したがって、目先の利益を求めずに2、3年後安定したビジネスが展開できるようにするというマインドで恋愛系や投資系の分野は取り組んでほしい。

2:組織化(外注化)する

もしあなたが輸入転売やせどりに取り組んでいたのであれば、組織化をめざし、外注化(アルバイトにやらせる)を進めていくべきである。

どうしても、発送などの単純作業は自分の生産的な活動を奪ってしまう時間になってしまうし、自分にしかできないことに集中した方がより大きな成果を手に出来ることは明らかである。

したがって、もしあなたがアルバイトを雇っても問題ない程度に稼ぐことができてきたならば、外注化に向けてリクルート活動もはじめてみるとよいかもしれない。

3:情報発信型のビジネスを開始する

 

情報発信

いわゆるまず実績を作り、そのノウハウを実践し結果をだしたノウハウを教えるビジネス(コンサルティング・メルマガアフィリエイト・情報販売)を開始するというのも一つの選択肢だ。

多くの場合は、前述した1から6のいずれかで実績を作り、情報発信に切り替え、それを教えていくビジネスをはじめる場合が多い。

このやり方はかなり王道的なやり方であるが、そこに敷居を高く感じてしまう方は、組織化、あるいは、そのビジネスにさらに集中する方向性で取り組もう。

この段階ではセミナービジネスやコーチングビジネスに発展させたり、パブリックスピーキングの力やコピーライティングスキルといったスキルを使い、クロージングもしていくことになるので、総合的なビジネススキルを習得していくようにしよう。

ただし、この情報発信型のビジネスは利益率が高く、うまくいけば一番儲かるビジネスであることは間違いないことは事実であるため、もしあなたが大きく稼ぎたいと思っているのであれば、この情報発信型のビジネスに切り替えてみてはいかがだろうか。

まとめ

今回のこの進み方はインターネットビジネスでは王道である進み方に沿って、インターネットビジネスをはじめるときに取るべき戦略と増益の道について解説した。

基本的にはこのスキームでインターネットビジネスを進めていくことになるので、今回の内容を意識して長期的にビジネスに取り組んでみてほしい。

補足1:YouTubeアドセンスの可能性

実績作りとしてYouTubeを使ったアドセンスはトレンドアフィリエイトに代わる手法であり、実際に私のコンサル生も実践し、結果を出している。

このYouTubeトレンドアフィリエイトはトレンドアフィリエイトで書くような記事を動画にすればいいだけなので、もしあなたがYouTubeの簡単な動画編集スキルを習得すれば、YouTubeアドセンスで稼ぐことも可能だ。

また、特化型のYouTubeアドセンスも非常に有効なジャンルであり、ヘアスタイルのチュートリアル、ボイスパーカッションのチュートリアル、コメディ系の動画をアップし、それによる広告収入で暮らしている人もいる。

さらに、ダイレクトレスポンスマーケティングと組み合わせてメルマガアフィリエイトや情報販売、コンサルティングプログラムを用意するなど非常に大きな集客手段になる。

したがって、サイトアフィリエイトと同じマーケティングをYouTubeを使ってやっていくことは今後確実に伸びる手法であるので、もしあなたがサイトアフィリエイトからはじめようと思っているのであれば、是非ともYouTubeを使っていくようにしてほしい。

URL
TBURL

コメントを残す

*

Facebookでコメントする

Return Top