インターネットネットビジネス

マイスピー最高峰の特典The Excellent Answers

myasp_button
※この特典からの参加で初月使用料無料

インターネットビジネスの落とし穴を避ける2つの方法

インターネットビジネスの落とし穴を避ける2つの方法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

概要覚え書き

テクニックは確かに重要です。しかしながら、テクニックを追い求めていてはいつまでたってもインターネットビジネスでうまくいくわけはありません。テクニックだけでは一時的に爆発的に稼ぐことは可能だとしても、すぐにそのビジネスは短期的に終わってしまいます。

今回のこの動画では、あなたが長期的に利益を出していくことができるようになるためにはじめの段階で落とし穴にハマらない方法についてお話をしていきます。

今回のこの動画では、あなたが最初のインターネットビジネスではじめに落とし穴にハマらないようにするためのポイントについてお話をします。

この動画を見ることであなたは、行動したけれど結果がでなかったという最悪の事態を避けることができるようになり、より確実に成功への階段をのぼることができるようになりますので、しっかりと学習してください。

はじめに落とし穴にはまらないポイントは、「むやみやたらに行動しない」ということです。

インターネットビジネスの世界では「とにかくマニュアル通りに行動してください」といったように煽り立てる人たちが少なからず存在しています。また、あなたがもし営業マンであるならば、マニュアル通りにとにかく仕事をしろ!といったようにとにかく行動を促そうとする上司がいるかもしれません。

たしかに、ビジネスの世界では行動をきちんとすることはとても重要なのですが、それだけでは当然のことながら、成功する可能性というのは極めて低くなることは明白です。

では、どのようにすれば、よいのでしょうか?あなたがきちんとインターネットビジネスの世界で結果をだすためにはどのようなことをはじめの段階ですべきなのでしょうか?

答えは簡単で、1つめ、マーケットを調査する。

2つめ、調査結果と既存のノウハウから具体的なビジネスプランを設計する。

 

この2つを徹底するだけで、インターネットビジネスのはじめの段階での失敗はなくなります。

まずマーケットの調査、つまり、マーケットリサーチですが、これは、現在成功している事例や成功しているノウハウの分析、そして、顧客のターゲティングなどを明確にしていく作業になります。たとえば、FXや投資などの分野での情報ビジネスであれば、マーケットには投資でお金を稼いでみたいサラリーマンの男性が大半を占めている。

そして、現在の基本的なマーケティング手法は情報販売をして、フロントエンドバックエンド構造でのマーケティングが主流とする方法が流行していて、フロントエンドを売るときには、アフィリエイターを動かしてアフィリエイトさせるという方法を使っていると言った感じで、調査を進めていきましょう。

この調査は、大企業や大学が行うような細かいデータに基づいた分析をする必要は全くなく、大まかなマーケットの全体像がわかり、ある程度のマーケティング戦略を立てることができれば把握できればOKです。

次に、あなたにやってほしいことは、

そのデータを分析し、具体的なビジネスプランを設計してください。

先ほど調べたことを中心に、本質とはなにかということを意識しながら、調べた事例などを抽象化して考えたり、それを具体的に応用したりして、ビジネスプランを設計していきます。

このビジネスプランの作成に関しては紙とペンを用意して、頭の中にあるものを整理しながら、ブレインダンプやマインドマップなどを使い、あなたの今後やっていくビジネスを具体化させていきましょう。

そして、ここまでできたら、

キチンと頭の中を整理するため、「事業計画書」を作成してください。

この事業計画書はたとえそのビジネスがアフィリエイトや情報販売の分野に関してであっても成功確率を格段に飛躍させるためには必要なことなので、しっかりと作成することをおすすめします。

当然、この計画書は基本的に投資家から出資をうけたり、銀行からお金を借りたりするための書類ではないです。ですので、そこまでそこまで細かく作り込む必要はありませんが、ある程度かたちとして残せる「事業計画書」にしておくことであなたのビジネスの成功確率を大幅にひきあげることができるようになります。

この2ステップはたとえあなたが個人で行う副業であったとしても、やるのとやらないのでは3ヶ月後、遅くとも半年後の成果が全く異なるものになりますので、必ずやるようにしてください。

URL
TBURL

コメントを残す

*

Facebookでコメントする

Return Top