Amazonkindle

マイスピー最高峰の特典The Excellent Answers

myasp_button
※この特典からの参加で初月使用料無料

AmazonKindleで電子書籍出版を成功させる3つのステップ

AmazonKindleで電子書籍出版を成功させる3つのステップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Problem

昨今、Kindleを使って、多くの個人が小資金で出版をすることができる時代になった。

すでにアメリカではキンドラーと呼ばれるキンドル億万長者が数多く排出され、電子書籍市場の拡大とともにさらにその勢いは増している。電子書籍書籍市場は日本全体で2012年には700億円を突破(端末などの売上含)し、今後も拡大傾向が続くと予想されている。

このようなムーブメントの中で、あなたも念願の夢や目標だった「出版」が身近なものとなり、だれでも簡単に出版出来るようになったのは良いのだが、いざ出版しようと思っても「どのような手順で出版すれば良いのかわからない」といった声を耳にする。

そこで私は今回「Kindle出版を成功させる3つのステップ」として電子書籍出版の流れと具体的な方法について解説しようと思う。今回私が記述した通りに作業を進めれば、電子書籍出版(Kindle出版)の流れと作業の進め方がわかるはずだ。

ステップ1:ビジネスプランを設計する

ビジネスプランの必要性

あなたは単に電子書籍を出版したいといってもどのような目的で出版するのかを考えたことはないだろうか。例えば、商業出版を目指すのであれば、Kindleでしっかりとマーケティング戦略を練り、大きな売上、または、ダウンロード数を叩きださなければならない。

あるいは、インターネットビジネスと関連させてKindleを活用したいのであれば、顧客リストを獲得するに相応しい戦略を取らなければならないだろう。

このように、あなたの夢や目標を実現するためには、どのようなビジネスプランで売上を立てるか、実績を作るかが重要になってくる。

しかし、簡単にビジネスプランを設計しろと言われても白紙の状態でビジネスプランを設計することなど出来るはずがない。そこで今回は私が考える大きな3つのタイプ、目的に分類し基礎的なビジネスプランを提案する。

①商業出版を目指す

Kindleの大きな魅力の一つにインディーズ(Kindleなどで出版するアマチュア)作家・ライターが出版社の目に止まったり、Kndleでの実績をもとに商業出版を実現された例は多数ある。これは、電子書籍の魅力の一つだろう。

電子書籍市場が存在する前は、出版社に原稿を提出し、コンテストなどに応募したり、編集者とコネを作ったりしてなとか出版にこぎつけるわけだが、多くのインディーズ作家は何年・何十年と苦労の末漸く出版するといった状態だった。

しかしながら、電子書籍市場が発展した現在では、電子書籍市場で話題になり、カテゴリ別で1位を獲得すれば、商業出版が目指せる。もしあなたが商業出版を目指しているのであれば、Kindleのジャンル別ランキングを攻略することを目指さなければならない。

②顧客リストの獲得を目指す

もしあなたがインターネットビジネスをしていているのであれば、顧客リストの獲得が非常に重要なファクターになることだろう。そしてこの天使書籍市場でも、常に顧客リストの獲得を考えなければならなくなる。

現在無料レポートスタンドなどを使い、顧客リストを収集している方もいると思うが、Kindle を使って顧客リストを収集することも可能になる。

現在、アマゾン Kindle では電子書籍の中にアフィリエイトリンクを入力することは禁止されているが、自分のメールマガジン配信スタンドに登録させることは問題ない。

もしあなたがインターネットビジネスの一環として、 Kindle の出版に取り組むのであれば、無料レポートスタンドに登録するレポートの感覚で Kindle に出版してみてはどうだろうか。

インターネットビジネスの業界では、商業出版を使ったリスト収集、或いは実績作りを行っている方が多数いる。彼らと同様に商業出版としてリストを獲得することは難しいかもしれないが、アマゾン Kindle を使い、リストを獲得することは商業出版と比較して圧倒的に安い資金でリスト収集を行うことができる。

③連載物として利益を最大化する

例えば、漫画の単行本などは多くの場合、1巻、2巻、3巻・・・といった形でシリーズ物の出版を行い、固定客に対してリピートさせる戦略をとっている。これと同様に自分が作成する作品の一巻目だけを最も安い価格に設定し、2巻目以降はある程度利益を残せる価格に設定し、利益を最大化させていくという方法がある。

この方法をとれば、シリーズ累計〇〇部と言ったうたい文句で実績を作ることも可能だ。これは月刊連載のマニア向けの雑誌で頻繁に使用されている手法になる。

 上記のビジネスプランはいづれも基本的なビジネスプランを示した例に過ぎない。今回私が紹介した例を参考にあなたオリジナルのビジネスプランを設計して見てほしい。

 ステップ2:コンテンツを作成しよう

38_original

コンテンツの作成は電子書籍を出版するうえでキモとなってくる部分だ。しかし、コンテンツをいきなり作成しようとしてもどのように作成して良いのか戸惑ってしまう方が多くいることだろう。

いきなり、「この仕事を任せた」といってもスキルの必要な仕事であれば専門的なスキルを要するのと同様に文章を記述することでも、それなりに慣れなければすぐにコンテンツを作成することは困難であろう。

そこで、私があなたが一歩づつ確実にステップアップ出来るように、ロードマップを示そうと思う。あなたはこのロードマップにしたがって作業をすれば、コンテンツを作成することは容易になるはずだ。

①ブレインダンプをしよう

誰しも素晴らしいアイディアを持っている。

しかし、言語化しないために、その原石は磨かれないままに捨てられてしまうケースがほとんどだ。そうならないために、最初にアイディアを言語化しておく作業が必要だ。白い紙を取り出し、放射状に関連するキーワードを書き込んでいこう。

もし、あなたが、マインドマップを使っているのでれば、それを大いに活用してほしい。当然、この作業は紙の上でもできるから、わざわざマインドマップをインストールする必要はないだろう。

(ちなみにわたしは、XMindを使っている。このツールは無料ながら高機能だが、余計なソフトをインストールしてしまうことがあるので注意したい。)

(マインドマップ作成例)

mindmap1

上記の例は「Facebook」について作成したマインドマップだ。facebookに関連するキーワードを書き出し、徐々に具体化するようにしよう。こうすることで、タイトルを思いついたり、電子書籍のコンセプトを考えることが出来る。

②タイトルとを決めよう

ブレインダンプの作業を一定程度こなせば、様々なアイディアが出てきたはずだ。そのアイディアの中から自分の本のタイトルを決めよう。タイトルはAmazon検索エンジンとアルゴリズムを意識すること、見込み客のフックになることが大切だ。

タイトルの作成方法として、おすすめの決定方法は、

①属性②落ち目③魅力 の3つを盛り込むことだ。

例えば、

「facebook集客でダメ店長が売上を3倍に伸ばした方法」

といったタイトルにすれば、「facebook 集客」というキーワードで検索を狙うことが出来る。またフックとして「ダメ店長が売上を3倍」を用いる事によって見込み客の目に止まりやすいタイトルが出来る。

つまり、①属性=Amazon検索対策、②落ち目③魅力=ユーザーへのフックとなる。

②Sigilをインストールし電子書籍の作成準備をしよう

Sigilは無料で使用出来る電子書籍(epub形式)作成ツールだ。使い方はほとんどワードプレスのビジュアルエディタと変わらないので、ワードプレスを使い慣れている方ならば簡単に使用出来るはずだ。Sigilの使い方はKindle本作成のための3つの形式とSigilの使い方で解説しているので参考にしてほしい。

③もくじを作成しよう

 もくじはKindleを始めとした電子書籍の出版では必須の項目だ。通常の書籍でも章立てて本を作成しているのと同様に、本を作成することによってよりユーザービリティに富んだ電子書籍を作成することが出来る。

もくじとh1タグの項目はリンクするようになるので、そのリンクからユーザーはすぐに読みたい章に飛ぶべるようになる。

もくじの挿入の方法についてもKindle本作成のための3つの形式とSigilの使い方で詳細を確認しよう。

④目次にそって本文を作成していく

もくじの作成ができたらあとは本文を記述することは簡単だ。もくじ作成によってアウトラインができれいるため、それにそって記述すればよいのだ。

ただし、あなたは本文のボリュームや体裁をどのように設定すればよいかを疑問に感じたかもしれない。

ボリュームについて

電子書籍で100円程度のもっとも安い金額設定にする場合は50ページ程度でも問題無いだろう。しかしある程度のクオリティーを保った上で100ページ程度書くことが理想的だ。100ページ程度であればユーザーの側からしても手軽に読めるから電子書籍として向いているといえる。電子書籍は紙の本に比べ、ユーザー層が長編の本を求めていない傾向にある。

例えば、忙しい会社員が通勤の電車の中で電子書籍を読んだり、学生が通学の電車のなかで電子書籍の漫画を読んだりすることが主流であり、膨大な長編の本は好まれない。

電子書籍は紙の本に比べ、「安い」「持ち運びが便利」だから購入するのであり、この2つの利便性を欠いてはならないことに注意しよう。

本文の体裁について

紙の本であれば、左からぎっしり文字を詰めて書き、ほとんど改行せずに書き進めていくことが一般的だ。とくに学問的な本だったり、小説はこのような傾向が強い。しかし、電子書籍はこのようにぎっしり文字を詰めて書くと、ユーザーにとって読みにくい本文の体裁になってしまう。

電子書籍では比較的小さなディバイスで閲覧することが多いため、あまりにも煩雑な構成だとユーザーはその本を嫌ってしまい、読まなくなってしまう。そこで私たちはブログを書くような感覚で数行で1つの改行をいれ、煩雑になりにくいように工夫することが大切だ。

当記事もある程度の間隔で改行を意図的にいれるようにしている。

⑤表紙を作成しよう

本の売上を決める90%がこの表紙で左右されると言っても過言ではないと言われている。表紙をしっかり作りこむことはあなたの電子書籍を世の中に広める最高の手段だ。表紙の作成に関しては、Kindle本作成のための3つの形式とSigilの使い方で解説している。

この記事にも詳しく記述してあるとおり、IllustraterとPhotoshopを駆使することが望ましいが、値段が効果なため、はじめのうちは、PhotoscapeやPowerPointで作成することをお勧めする。

 

上記のステップで本を作成すればあなたは迷うこと無く電子書籍を作成出来るはずだ。最後にepub形式で保存しローカルディスクに保存しておこう。

ステップ3:Kindleに出版しよう

キンドル

(画像引用元:Kindle Direct Publishing)

本文の作成まで完了したら、いよいよ出版だ。本の出版はKDP(Kindle Direct Publishing)で行なう。

アカウント情報はAmazonのアカウントと同じもので出来るので、あなたのお持ちのAmazonアカウントを使いKDP(Kindle direct Publishing)に登録しよう。KDPへの登録方法はAmazonKindleアカウント開設方法で詳しく解説している。

※KindleではロイヤリティがアメリカのAmazonから支払われるため、為替手数料などで多額の支払いをしなければならなかったり、所得税の対策を行わなければ、ロイヤリティが減らされたりすることが起こる。

そうならないために、手数料対策・税金対策(Kindle銀行取引における注意点)をしっかりと行おう。

KDPへの登録が完了したら、KDPへあなたの作成した電子書籍をアップロードしていこう。KDPの詳しいアップロードの方法はKindleへの登録方法とKindleセレクトを確認してほしい。

 

Kindleセレクトを活用しよう

Kindleセレクトはもしあなたの作品をKindleに独自販売権を与え、かつ、一定期間内の無料キャンペーン期間を設ける場合、Kindleがあなたの代わりに販売促進をしてくれるものだ。これを積極的に活用すればあなたの電子書籍の認知度が高まる。

マーケティングをしよう

 商業出版を目指し、本を作成する場合にはKindleでのダウンロード数を増やし、カテゴリ別ランキングを攻略するため、Kindleキャンペーンを開催する必要がある。

例えば、

○月〇〇日の〇〇時までに

購入してくれた方に〇〇をプレゼント

といったようなキャンペーンを行い、購入してもらおう。インセンティブを与えることで購入率は飛躍的に向上する。

このキャンペーンをもとに、各種媒体で告知するようにしよう。FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアや自分の友だちにシェアをしてもらうお願いをすることによって拡散させることが出来る。

また、メールマガジンを発行しているのであれば、その読者の方に対して告知してみたり、ブログを使って告知するのもおすすめだ。また、大きな影響力のある方にお願いして紹介してもらうことも検討してみよう。(Centers of Influence Marketing )

リスト収集のためのマーケティング

 リストを取るだけが目的になるつまり、無料レポートスタンドのように使用する場合の戦略として、以下のものが考えられるだろう。

最低金額に設定する

Kindleセレクトでダイジェスト版をダウンロードさせる

試し読みを作成→そのなかにオプトインのためのインセンティブを与える

このような方法を組み合わせることによって登録を促すことが出来る。Kindleではアフィリエイトリンクの使用を禁止しているものの、オプトインを促すリンクを規制しているわけではない。

つまり、リスト取りは問題無くすることが出来る。あなたがリストビルディングに力を入れているのであれば、自分の作った無料レポートを一定期間だけ、Kindleにアップロードし、その後、無料レポートスタンドに登録するといった戦略を取ることの悪くないだろう。

Conclusion

???????????????

Kindleであなたの夢を実現させよう

電子書籍の普及で自費出版のハードルは劇的に低くなった。とくにKindle Direct Pubulishingのシステムは簡素化させていて、出版を夢見ていた私たちに最適化させた出版プラットフォームを提供してくれている。

今後コンテンツのボトムアップ化が進行する中でKindleなどの出版プラットフォームやコンテンツ提供のプラットフォームを大いに利用し、あなたの個性を輝かせあなたの夢を実現させてほしい。

URL
TBURL

コメント一覧

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. DAIさん。

    はじめまして&こんばんは(^^)/
    にのいちと申しますm(_ _)m。

    情報、記事をありがとうございます。
    とれも参考になりました!

    きれいなサイトで構成されていて好感がもてました♪

    応援クリックさせて頂きます!
    ポチっとな^^

    良かったら、アフィリ友達になってください。

    お時間がある時にも、
    私のブログにも遊びにきてくれると嬉しいです♪

    • にのいちさんご訪問ありがとうございます!
      参考にして頂けてとても嬉しい限りです。
      またご訪問くださいね!

コメントを残す

*

Facebookでコメントする

Return Top