マーケティング

マイスピー最高峰の特典The Excellent Answers

myasp_button
※この特典からの参加で初月使用料無料

ソーシャルメディアマーケティングを成功させるための9個の戦略

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3D High Detail Social Media Icon Pack現在、ソーシャルメディアの普及が進み、リアルビジネスの分野でもインターネットを使ったマーケティング、特に、ソーシャルメディアマーケティングの重要性が高まってきている。

そのため、ソーシャルメディアマーケティングに本格的に乗り出し、facebookページやTwitterマーケティングを始めている方は多いのではないか。そこで、今回はソーシャルメディアマーケティングを成功させる10個の戦略をテーマに、

あなたのソーシャルメディアマーケティングを成功させるチップを解説していきたい。

1.昨年のソーシャルメディアマーケティング戦略を見直そう

ほとんどの方が数年前、少なくとも数ヶ月前からソーシャルメディアマーケティングに取り組んでいると思う。しかし、計画性のないマーケティングは無駄な時間を費やしてしまったり、効果がなかったり、最悪の場合、ソーシャルメディアマーケティングが上手くいかず、赤字を出してしまったりした経験があるのではないか。

そのため、まず昨年あるいは前期のソーシャルメディアマーケティングの戦略や実践経験をホワイトボードやマインドマップなどに書き出し、反省点を見つけよう。

そうすることでなぜ効果があまりなかったのか、あるいは、どこを改善する余地があるかが見えるようになるはずだ。

2.ソーシャルメディアマーケティングにおけるターゲティングを定めよう

ソーシャルメディアとSEOでは狙っていく顧客層が違うことが多い。多くのインターネットマーケターはソーシャルメディアとSEOの2つの違いを意識したマーケティング戦略を立てている。

例えば、SEOでは検索エンジン経由できた見込み客であるため、見込み客が抱えている悩みを解決するようなコンテンツやマーケティングを仕掛ければ成功する確率が高いといえる。

その一方でソーシャルメディア経由の見込み客は悩みが深くないため「興味本位で」自分のフロントコンテンツ(ブログ記事など)に触れる可能性が高い。

そのため、しっかりと教育向けコンテンツを充実させなければ、コンバージョンには結びつきにくい。

このように、ソーシャルメディアによって集客された層はどのような属性が多いかを見極めたり、テスティモニアル(お客様の意見)などを取るなどしてリサーチし、自分がソーシャルメディアマーケティングで狙っていく層をターゲティングしていこう。

3.パーソナルブランディングとコンテンツマーケティングのバランスを意識しよう

日本のインターネットビジネスでは、パーソナルブランディングを重要視する傾向が強い。そして、女性を中心にfacebookのパーソナルブランディングで成功した事例が見受けられる。そしてパーソナルブランディングが成功すれば短期間で成功する可能性が高いといえる。

しかし、このパーソナルブランディングには実力が伴っていないためにすぐに失墜してしまう可能性が高いという弱点もある。

その一方でパーソナルブランディングとは対象的にコンテンツを重視したマーケティングをしている場合は、短期間での成功は難しいが、長期的にみて継続的に収益を生み出す仕組みを構築することが出来る。

そのため、3年後、5年後を考えた場合には、このコンテンツマーケティングを軸におくことが好ましい。現に英語圏のマーケターのサイトなどはコンテンツ重視型で運営されており、読者の悩みを解決する、あるいは提案することの出来るものになっていることが多い。

つまり、もしあなたがパーソナルブランディングに注力を置いているのであれば、コンテンツの充実化を考えるべきである。

これと同様に、コンテンツマーケティングを重要視している場合には、パーソナルブランディングの要素を取り込むことによってパーソナルブランディングの便益(短期間での集客力)を得ることができるようになるだろう。

4.新規ソーシャルメディアの開拓を行おう

facebook,Twitterは現在世界で最も利用されているソーシャルメディアのひとつだ。そして、現在この2つの媒体を使い成功した事例が見られる。例えば、Twitterトレンドアドセンスは良い例だろう。

これは、Twitterで人気のアカウントを作成し、そのアカウントを使って自分の運営しているトレンドサイト(芸能ニュースサイトやスポーツニュースサイト)などに流す手法だ。そうすることで、普段のツイートが面白ければ、(あるいは役に立てば)アクティブなフォロワーが増えていき、彼らが自分のサイトに訪れることでアドセンス広告の収入をえることができる。

そのため、新規ソーシャルメディアの特徴を知り、現在の収益構造の中で上手に取り入れることができれば、その先攻者利益を得ることが出来るかもしれない。

草創期ではなかなかユーザー数が多くないために、大きな集客経路にはならないかもしれないが、2,3年後そのソーシャルメディアがブレイクしたときに大きな集客経路となる。

そのときのために、早い段階で新規ソーシャルメディアに参入し、特徴を掴んだり、海外から情報を仕入れ、いち早くそのソーシャルメディアマーケティングに取り組んでみよう。

補足:

新規ソーシャルメディアはほとんどの場合、英語圏から上陸することが多い。そのため、海外のマーケターのサイトなどでそのソーシャルメディアマーケティングの手法を仕入れておこう。

5.ソーシャルメディアでよりバイラルが起きやすいコンテンツを作ろう

ソーシャルメディアは共有できるコンテンツであれば、そのコンテンツが拡散するような仕組みになっている。例えば、いいねボタンやはてなブックマークをクリックされることにより、そのコンテンツが拡散し、より多くのひとにリーチすることが出来る。

そのため、ソーシャルメディアでバイラルを起こすようなコンテンツを提供することが出来ればそのコンテンツによってバイラルが発生し、ソーシャルメディアからの集客が可能となる。

そのため、多くの人にいいねを押してもらえたり、ツイートして他人に知らせたくなるようなコンテンツを提供することを心がけよう。

6.ソーシャルメディアSEOを理解しよう

ソーシャルメディアSEOはfacebookに代表されるような投稿記事のオープン率、いいねの数、コメント数によってその後の投稿記事の掲載比率が変わっていく。

その特性を理解したうえで、今後のfacebookマーケティングなどに取り組むようにしよう。また、Twttierでもリツイートに返信したり、ソーシャルメディアでの活動も取り組むようにし、自分のコンテンツを共有してくれるような人を開拓することも重要だ。

しかし、このような地道な作業は時間を食ってしまうので、自分の優先すべき事項を終了させたうえで行うようにし、あまり時間を使い過ぎないように注意しよう。

7.ソーシャルメディアを有機的に他の媒体と連結させよう

例えば、あなたがブログを運営していたとする。しかし、そのブログにソーシャルメディアボタンがついていなければ、その媒体はSEO以外にリーチすることができない。

これは、ブログの目的によっても異なってくることではあるものの、ほとんどのケースでは集客コンテンツとして提供しているものがほとんどであるため、集客手段としてしようするソーシャルメディアからのアクセスを集めたいところだ。

そこで、ブログにソーシャルメディアボタンを設置し、ブログのコンテンツを共有してもらえるような仕組みを作ろう。また、メールマガジンなどで、facebookページに感想を促したり、Twitterにリツイートによる感想をもらうなどして、ソーシャルメディアを有機的に使おう。

8.自分のマーケティングにおけるソーシャルメディアの位置づけを再定義しよう

ソーシャルメディアはあくまで集客手段のひとつとして認知されている。確かに、ソーシャルメディアによって教育手段となる場合もあるかもしれないが、しかし、教育手段としてソーシャルメディアを使えるのはブランディングが確立されている、あるいは、その見込みがある場合だけだ。

そのため、ソーシャルメディアではまず、集客手段として位置づけ、ソーシャルメディアよりも他のメインの媒体に価値を持たせるようにすることが望ましい。

そして、この考えを踏まえた上で、あなたなりのソーシャルメディアの位置づけを再定義し、自分が本当にフォーカスしなければならない、育てていかなければならない媒体に注力するようにしよう。

9.単なるFacebookとTwitterを利用するソーシャルメディアマーケティングからの飛躍

現在主流であるソーシャルメディアマーケティングを利用することは当然のことであるが、現在流行しているノウハウを利用し、あるいは組み合わせ新たな体系の利益を生み出す仕組みを構築していこう。

2011年に現存していたTwitterのリストマーケティングノウハウとアドセンスのノウハウが組み合わさり、Twitterトレンドアフィリエイトが生み出されたように、既存のノウハウを組み合わせたり、あるいは違う分野で応用することによって、

既存のソーシャルメディアマーケティングを超えた手法が生み出すことが出来る。

Conclusion

 ソーシャルメディアマーケティングは有効な集客手段のひとつとして大きな注目を集め、実際にソーシャルメディアマーケティングで成功している事例も多く見受けられる。

今回解説したチップを自分なりに応用することであなたのソーシャルメディアマーケティングを改善することが出来るだろう。

Reference

 DreamGrow(http://www.dreamgrow.com/)

 

URL
TBURL

コメントを残す

*

Facebookでコメントする

Return Top