Twitter

マイスピー最高峰の特典The Excellent Answers

myasp_button
※この特典からの参加で初月使用料無料

Twitterノウハウを暴露しまくります。(メルマガ転載)

Twitterノウハウを暴露しまくります。(メルマガ転載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、DAIです。

今回は前回で予告した通り、Twitterの稼ぎ方の
具体的なノウハウを公開していきます。

前回もお話しましたが、
私のメールでは、他の人のTwitter集客講座、
あるいは、アフィリエイトの特典で付けているレベルくらいなら、

このメールで全て公開していくので
しっかりと学習を進めてください。

では、本日の内容に入っていきましょう。

==================
1:そもそもインターネット集客とは?
2:Twitterの特性と具体的な使い方
3:コミュニケーションの重要性と優先順位
==================

1:そもそもインターネット集客とは?

Twitterの集客をマスターする前に、
そもそも抑えておかなければならないことは、

ダイレクトレスポンスマーケティングの基礎概念である

集客→教育→販売

この3つの基礎概念を抑えておかなければなりません。

この基礎的な概念についてはインターネットビジネス
トレーニングラボ講義編で解説しているので、

まだわからない方は

インターネットビジネストレーニングラボ:
http://gksnr175.com/ibtl01/

から再度復習をしていただければと思います。

この中でもお話している通り、
インターネットマーケティングの基本はこの
単純な3ステップですが、
それをどの媒体に持たせても問題はありません。

例えば、

YouTubeから集客して、メルマガで教育し、
情報商材のアフィリエイトを(販売)する。

facebookの個人ページで友達申請をしまくり、
集客し、facebookの投稿で教育し、Facebookの
イベント機能を使ってセミナー集客をして
セミナーで個人コンサルを販売する。

SEOで集客し、メルマガで教育し、
アフィリエイト、あるいはセミナーの販売をする。

アフィリエイトキャンペーン(無料オファー)で集客し、
メルマガと教育動画で教育し、高額塾を販売する。

このように、どのメディアを選択するかによって、
どのようなものが効果的で
稼ぎやすいかは決まってくるのですが、

この全ての基礎は集客→教育→販売の
この3ステップに収斂します。

ただし、サイトアフィリエイトなどは少し
マネタイズの体系が違うので、

その点は注意しておかなければなりませんが、

サイトアフィリエイターでも
この基礎概念を理解しておくことは

そのサイトから多角的なマーケティングを仕掛ける際に
多いに役立ちますので、覚えておいて損はありません。

当然、英語圏のマーケットをみていても、
この考えをベースにマーケティング戦略を構築していますので、

インターネットを使ったマーケティングならば
ほとんどすべてのものに通用する基礎概念になります。

したがって、マーケティングは有機的に
組み合わせて実行していくことが基本ですので、

YouTubeだったら、このような使い方で無ければならない、
メルマガであればこのようなものでなければならない、
facebookであればこのような投稿をしなければならない。

などということはなく、

そのときそのときに応じて臨機応変に目的意識をもった
発信をそれぞれのメディアで組み合わせてやっていきます。

2:Twitterの特性と具体的な使い方

では、Twitterはどのような使い方をするのが
効果的なのでしょうか?

先ほど紹介した基礎概念を踏まえてお話をすると、
Twitterは主に、集客に使っていくケースが多いです。

Twitterは自分からフォローするとフォローされた
相手が自分の投稿をみたり、

フォロー返しといって、フォローを仕返す文化があります。

当然全員が全員フォロー返しをもらえるとは限らないのですが、
必ず一定数の割合で、必ずフォローを返してくれます。

したがって、これを能動的に繰り返していけば、
フォロワーを増やしていくことができます。

基本的にはこの単純作業は自分の手から離し、
フォローマティックなどの高機能な自動フォロー
アンフォローツールを使っていきます。

このツイッターの自動フォロー・アンフォローツールに関しては
無料のものも確かにありますが、

高機能でなければ
すぐにアカウントが凍結してしまいますので、
フォローマティックXを使うことをお勧めします。

さらに、

フォローしてくれた人がアクティブなユーザーで、
ツイートが面白かったり、リツイートしたくなるものであれば、
その投稿が拡散し、より多くの人からフォローされたり

その投稿に自分のサイトへリンクが貼ってあればそのリンクから
ユーザーがアクセスしますので、そのリンクから

自分のサイトにアクセスが流れるようになります。

当然リンクを含んだツイートがリツイートされれば、
そのリンクごと拡散してきますので、
膨大なアクセスを集めることが可能になります。

そして最終的にそのリンクのアクセス先で、
トレンドアフィリエイトと組み合わせて
Googleアドセンスでマネタイズしたり、

ブログへのアクセスを集めそこでアフィリエイトすることで
twitterで稼ぐことができるようになります。

これが、Twitterの王道的な使い方になります。

3:コミュニケーションの重要性と優先順位

ここまで読んだあなたは、
ある程度ツイッターの稼ぎ方がわかったと思います。

しかし、Twitter,Facebookを使った
ソーシャルメディアマーケティングを詳しく学習した
経験があるのであれば、わかるかとは思いますが、

Twitterなどのソーシャルメディアでは
返信機能、コメント機能、ダイレクトメッセージ機能を
使って、ユーザーとコミュニケーションを取ることが
大切だと学習したと思います。

たしかに、facebookであれば、コメント欄へのメッセージは
返信したり、Twitterであれば、返信されたツイートにたいして

返信したりすることでコミュニケーションをはかれば、
そのユーザーが自分のファンになってくれやすくなります。

しかしながら、
ソーシャルメディアばかりに気を取られていては、
メインストリームであるYouTubeの動画やSEO集客に
時間が取れなくなってしまいます。

特に私の戦略はあくまで、最も得意な
YouTube動画+SEOというコンテンツマーケティング
が第一優先のマーケティング戦略であり、

ソーシャルメディアは二の次といったスタンスで、
一度、一通りの設定(自動つぶやき(bot作成))まで完了すれば、

あとはブログや動画の更新情報を告知したり、
コミュニケーションはあくまで
メルマガ・facebookページを
中心に据えてマーケティングをしています。

これは、私自身がより高度な作業、読者にとって
価値のあるものを最大限提供できるようにしたいために、
このような戦略をとっています。

つまり、私のなかでのソーシャルメディア戦略は
SEO,YouTubeに比べて優先順位が低いため、

ソーシャルメディア上でのコミュニケーションは
効果的かもしれないが、あまり力を入れていないということです。

ただし、インターネットビジネス初心者にとって、
このコンテンツマーケティングは少しハードルが高いので

誰でも簡単に、すぐに結果を出すことができる
Twitter集客に力をいれ、

フォロワーとコミュニケーションをとりながら、
信頼関係を構築し、ブログやメルマガなどに誘導していく
戦略をとることをやっていくのもよいでしょう。

本当に、Twitterは最も簡単に集客に取り組める
ソーシャルメディアなので、メインの優先順位にするにしろ、

私のようにサブ的なものとして取り組むにしろ、
やっておくことに損はありません。

ですから、
ツイッターのアカウントも持っていないという状況であれば、

インターネットビジネストレーニングラボの
ソーシャルメディア編で解説しているので、
アカウントの解説だけはしておくようにしましょう。

URL
TBURL

コメントを残す

*

Facebookでコメントする

Return Top