ワードプレス

マイスピー最高峰の特典The Excellent Answers

myasp_button
※この特典からの参加で初月使用料無料

ワードプレスブログで必ず入れておきたいプラグイン16選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

wordpresspluginimage

Problem

ネットを使って情報発信に取り組んでいる場合はワードプレスブログを中心に運営しているケースがほとんどだ。その際、SEO効果や作業効率化、ユーザービリティの向上の為に、あなたは様々なプラグインを入れていることだろう。

しかし、実際どのようなプラグインを入れれば良いのかわからず、まとめサイトを探し回っているかもしれない。今回はこのような悩みを抱えるあなたの為に、私が様々な検証や調査を重ねた上で選び出したプラグインを紹介しようと思う。

この記事を読めばワードプレスに必要なプラグインに迷うことはなくなるはずだ。

※またリンク先では私が動画解説したプラグインの設定方法が解説してある。

SEO対策用ワードプレスプラグイン

WP Ping Optimizer

ワードプレスでは投稿記事が更新される度にPingが送信される。Pingは検索エンジンに記事の更新を伝える為に重要な役割を担うものだ。しかし、Pingの送信先をきちんと制御しなければ、その投稿記事がスパム判定を受けたり、検索エンジンがその更新情報をきちんと認識せずにインデックス速度が遅れるといった現象が起こってしまう。それを防止するのがこのワードプレスプラグインWP Ping Optimizerだ。

All in One SEO Pack

All in One SEO Packは検索エンジンに対してタイトルとその記事のディスクリプション、メタディスクリプションを示すプラグインだ。あなたの書いた記事をきちんと検索エンジンに認知され、狙ったキーワードで上位表示を目指す際に有効なプラグインだから、インストールしておくことをお勧めする。

Akisment

Akismentはスパムコメントを自動で処理してくれるプラグインだ。海外のプラグインなので、設定を英語でしなければならないのだが、私の動画解説どおりに作業すれば問題ない。

Google XML Sitemap

Google XML sitemapは検索クローラーに自分のサイトを読み取ってもらいやすくするプラグインだ。検索エンジンに対してサイトマップを作成し、自分のワードプレスで作成したコンテンツに対して適切なカテゴリを認識してもらうために必要だ。

Broken Link Checker

自分のサイト内のリンク切れを確認するためのプラグイン。このプラグインをインストールしていればツールのところからリンク切れを確認できたり、メールでリンク切れを知らせてくれるようになる。

Head Cleaner

Head Cleanerはヘッダーの簡素化を行い、ヘッダーに余分な記述をフッターに回す設定を自動でしてくれるプラグインだ。ヘッダーの簡素化によって表示速度が早まるようになるので、Googleからの評価も高くなる。

SEO Friendly Images

画像のTitleタグとaltタグを自動で入力してくれるプラグインだ。わざわざ入力することが面倒くさい画像のSEO対策も自動で出来るようになるのでおすすめだ。

Quick Cache または W3 Total Cache

ワードプレスの表示高速化をするためのプラグインだ。サイトの表示速度を高速化させる事によって検索エンジンの評価も良くなる。サイトの表示速度を早めることはGoogleの評価項目のひとつとされている可能性が高いので、Quick CacheかW3 Total Cacheのいずれかをインストールしておこう。

作業効率化のためのプラグイン

ワードプレスでブログを更新していく際に作業速度を上げることによって、時間の節約ができるようになる。作業を効率化することによって短縮出来る時間は短いかもしれないが、塵も積もれば山となり、1年単位で見たときに大きな時間の短縮になるはずだ。

Add Quick Tag

HTMLエディタ(テキストエディタ)におけるタグの入力を予めカスタマイズすることが出来る。私は画像に影をつける際に使用するようにしている。

Tiny MCE Advanced

投稿のビジュアルエディタを拡張するためのプラグインだ。このプラグインを使えば、蛍光ペンや引用などを直感的な操作で行うことが出来る。

WP DB Manager

ワードプレスのデータのバックアップをとるためのプラグインだ。数日おきにバックアップをとっておけばレンタルサーバー本体のデータが消えていない限り、復活出来る。

ユーザービリティを高めるためのプラグイン

Contact form7

お問い合わせフォームを設置するためのプラグイン。固定ページにお問い合わせフォームを作成し、読者さんからのフィードバックを受け付けたり、各種対応に使用する。

WP Social Media Bookmark Light

ソーシャルメディアボタンを自動で挿入することが出来るプラグインだ。facebookのいいね!やTwitterのツイート、Googleの+1ボタンなどをそうにゅうすることが出来る。(ちなみに当ブログは賢威に付属してあるソーシャルメディアボタンを使用している。)

Share Bar

記事をスクロールするとソーシャルメディアボタンがついてくるようになるプラグインだ。

Yet Another Related Posts Plugin

関連記事を表示するためのプラグイン。ブログ内での回遊性を高め、ブログ滞在時間をあげることが出来る。

PS Auto sitemap

サイト内にサイトマップを作成し、ユーザービリティを高めるためのプラグインだ。固定ページにプラグインを設置し、グローバルメニューの中に入れておこう。

Conclusion

今回はSEO対策に役立つプラグイン、作業効率を高めるプラグイン、ユーザービリティを高めるためのプラグインの3つの種類に分けて紹介した。私はインターネットを使って何かしらのマーケティングをしてみたい方に向けて情報発信しているため、実用性の高いプラグインを中心に紹介している。この記事があなたのビジネスライフに少しでも役立てば幸いだ。

 

URL
TBURL

コメントを残す

*

Facebookでコメントする

Return Top